ユーザ設定ガイド サポートセンター
ホームページへ ユーザ設定ガイド
メール設定 メール 4.x〜6.x
1. デスクトップ画面の「Dock」内にある
「Mail」をクリック。

設定内容入力後、「Mail」は自動的にサーバに接続を行います。
事前に「ユーザ認証」を行い、インターネットへ接続してから設定されることをお勧めします。
2. 初回起動時は、「ようこそMailへ」画面が表示されます。

・[氏名]:お客様のお名前、ニックネーム等を入力。

・[メールアドレス]:お客様のメールアドレスを入力。
  例) taro@nta.pial.jp

・[パスワード]:メールパスワードを入力。

「続ける」ボタンをクリック。

「ようこそMailへ」画面が表示されずMail画面が表示された場合は、
メニューバーから「Mail」→「環境設定」をクリックします。表示された画面で左上の「アカウント」ボタンをクリックし、左側下部の「+」ボタンをクリックします。
3. ・[アカウントの種類]: 「POP」を選択。 

・[説明]:任意の名前を入力。

・[受信用メールサーバ]: POPサーバを入力。
 例) nta.pial.jp

・[ユーザ名]:メールアドレスの@より前の部分を入力。
 例) taro

・[パスワード]:メールパスワードを入力。

・「続ける」ボタンをクリック。
4. 設定内容の確認のために、自動的にメールサーバに接続を行います。

「インターネットへ接続ができていないか、設定内容が間違っている場合は、左図のような「POPサーバー"nta.pial.jp"にログインできませんでした。〜」というメッセージが表示されます。

・設定内容に誤りがなければ、「続ける」ボタンをクリック。
5. 「受信メールのセキュリティ」画面では、そのまま「続ける」ボタンをクリック。

「SSL(Secure Sockets Layer)を使用」はチェックしません。

6. ・[送信用メールサーバ]:SMTPサーバを選択。
 例) nta.pial.jp

・[認証を使用]:チェックします。

・[ユーザ名]:お客様のメールアドレスを入力。
  例) taro@nta.pial.jp

・[パスワード]:メールパスワードを入力。

・「続ける」ボタンをクリック。



7. 設定内容の確認のために、自動的にメールサーバに接続を行います。

「インターネットへ接続ができていないか、設定内容が間違っている場合は、左図のような「SMTPサーバー"nta.pial.jp"にログインできませんでした。〜」というメッセージが表示されます。

・設定内容に誤りがなければ、「続ける」ボタンをクリック。
8. 「送信メールのセキュリティ」画面では、そのまま「続ける」ボタンをクリック。

「SSL(Secure Sockets Layer)を使用」はチェックしません。

9. 「アカウントの概要」画面が表示されます。

設定内容に誤りがないことを確認し、「作成」ボタンをクリック。
10. 続いて、メニューバーの
「Mail」→「環境設定」をクリック。
11. 「アカウント」画面が表示されたら
[アカウント]タブ内の[送信用メールサーバ (SMTP) ]のプルダウンをクリック。
12. 表示されたメニューリストから「SMTPサーバリストを編集...」をクリック。
13. アカウントを選択して、「詳細」タブの各項目を以下のように設定します。

・[デフォルトポートを使用(25,465,587)]を選択。

・[認証]で「パスワード」を選択。

・ユーザ名にはメールアカウント を入力。
  例) taro
 ※ メールアドレスの@より前の部分のみ入力。

・パスワードはメールパスワードを入力。

「OK」をクリック。
14. ・[情報]タブ内の3項目をチェック。

  ・左上のクローズボタンをクリック。
16. 「変更内容を保存」ダイアログが表示されます。
「保存」をクリック。


以上でメールアドレス設定は完了です。

ページトップへ